ロッド(釣り竿)


ウナギ釣り の 道具 と 仕掛け を 紹介します。 一般的な 投げ竿 や 延べ竿 が 必要です。場所や条件に応じた 長さ オモリ負荷 を選択してください。

流れのない場所での投げ釣りの場合 = オモリ負荷 5号から10号 前後の 「投げ竿」

流れのある場所での投げ釣りの場合 = 流れに応じて10号から20号前後の 「投げ竿」

延べ竿のウキ釣りの場合 = 深さに や 川幅など を考えて 必要な長さの 「延べ竿」 といった感じです。

調子としては 「投げ竿」「延べ竿」 ともに  7:3調子 くらいで 胴が強い竿をお勧めします。 ウナギは 結構 力が強く、大型になると 一気に 竿をねじ込んでいく時も あります。
高額な竿でなくてもかまいません。 釣具屋さんで 最近 よく見かける セット商品なんかで十分です。
ロッドに こだわりがある方は自作してみてください

              自作ロッドをお考えの方は こちらを参考に・・・GO! 


リール


小型スピニングリール が 使いやすいでしょう。
ダイワなら 250番手 から 350番手 シマノなら 2500番手 から 4000番手 くらいで良いでしょう。
ただ メーカー品は 高性能 で 高額なものが多いです。
特にドラグ性能を必要とする釣りではないので、 1000円もしないような <山積ワゴンセール> の リールで十分です。


クーラー


ウナギ釣りには クーラー よりも <バケツ> と <魚篭(ビク)> のほうが 便利かもしれません。
クーラーに入れる時は、弱ったり死んでしまったりした場合で、 活きたまま持ち帰るのが理想です。
釣った時は 魚篭(ビク)に入れ 水に漬けておき、 持ち帰るとき魚篭(ビク)ごと バケツにいれます。
気温や 持ち運びに かかる時間にも よりますが、 魚篭(ビク)についた水気だけで 相当な時間活きています。
長時間かかる場合は、 濡れタオル なんかを バケツに 敷いたり、笹や葦の葉 などを敷いて 軽く水を打って 持ち帰ります。
ウナギの皮膚が乾燥しないようにしていれば、かなりの時間生きています。
水を入れて持ち帰るなら <ブクブク>で 酸素供給が必要です。 この場合 クーラー や バケツは しっかりとフタをしてください。 ウナギが這い上がって出てしまうことがあります。 


仕掛け


ウナギ用の仕掛けは市販されています。 が 非常に簡単なしかけなので、パーツを購入して 作られることをお勧めします。
ハリスは ナイロン3号〜4号くらい。 あとは 投げ釣りなら オモリ 針 サルカン で OK!
 (テンビンを使っても良いです)
ウキ釣りなら ウキ ウキ止め サルカン オモリ 針 で OK!
針は キスやカレイを釣る 流線型でも大丈夫ですが、 やはりウナギ専用の針がよいでしょう。

                       参考仕掛け図は こちら   

道糸・仕掛けのヨリトリ



道糸は ナイロン3号〜5号くらい PEラインなら 1号〜1.5号前後。

道糸 ハリスのヨリトリは タル型サルカン が 安価でお勧めです。

スナップ付き のものは ハリスの交換などに便利です。




錘(オモリ)


投げ釣りの場合
  ナス型 六角型 中通しオモリ

延べ竿のウキ釣りの場合
  ガン玉 板オモリ  など。


ナイフラジペンハサミ
ナイフは魚を〆るなどに使いますが、家庭用の包丁のような薄刃ではなく、 出刃包丁の様に 刃の厚いしっかりしたものでないと 刃が折れるなどして 揺れる船上では 危険です。ラジペンは針をはずしたり、金具の変形を治したりに使います。 錆び難いステンレスのものが長持ちします。 ハサミは お祭りなどの時 糸を切ったり、毒魚の針を落としたり に使います。 指穴の大きな 植木バサミ や キッチンバサミ が重宝します。 また 仕掛けの管理だけなら事務用のハサミでも十分使えます。いずれも 使用後はしっかり水洗いして、 油分をつけて手入れしましょう。


 

  前に戻る
mail
Copyright(c) 2009  ウナギ釣りのホームページ All rights reserved.