場所にもよりますが 2本3本と 並べて釣った方が効率的です。 

ガイドに ラインを通して 仕掛けをセットします。

準備完了。

 * ウナギ釣りの仕掛け図 参考はこちらにあります





餌は、 ミミズ カメジャコ  ボケ 青ジャムシ ザリガニなどですが、 よく釣れる餌は 場所により 異なります。

エビ類 は 尾っぽから 通し刺し にします。 チョンガケ でも 良いのですが、取られやすくなります。

ムシ類は 一匹掛け(通し刺し) もしくは 房掛け です。








ウナギは 夜行性で 昼間は 岩陰・穴の中・藻の中 などに 隠れてじっとしています。 が 夜は餌を探して 大変活発に 広範囲を 泳ぎ回ります。

ウナギの夜釣りの場合、 あまり 障害物 (岩・杭・藻) を 意識する必要はなく、 むしろ 餌の溜まりやすい 流れ込み ・潮目 を 意識しした方が良いようです。

夜間の 捕食活動中の ウナギの動きは 大変機敏で 広範囲を 泳ぎ回るからです。

餌を付けたら、 狙ったポイントへ投げ込んで 糸ふけを取って アタリ を待ちます。

アタリ方には いくつかパターンが ありますが、俗に言う <長モノのアタリ方>で、 クンクンッ と やってから 竿先が、 ゆっくり お辞儀したり、 「グンッ!」 と 力強く 曲がったりします。

しかし キビレなどのように 何回目かのアタリで、竿が入っていく ことは殆どないです。(曲がりが戻ってきます)

いつまでも 竿が <お辞儀をしては戻り>、 <戻っては お辞儀をする> といった 繰り返しです。

ウナギの場合、 一見 “アワセどこ” が 無いような アタリ方ですので、しばらく そのまま放置しておいて、 竿を軽く引いて見て (聞いて見て) ウナギが乗っているようなら 巻き上げます。

ハリまで 飲ませてから 釣り上げる 感じです。 

それでも 喰いの悪いときはあります。 そんな時は、 アタリが出たら 糸を出して 少し送り込み 強いアタリが出たら思いっきり アワセを入れます。
 




ウナギの取り込みは 抜き上げです。 (タモを使う場合 タモは 目の細かいタモ を使ってください。) 

ハリスを持って ぶら下げて 網の中に入れ 頭だけ 網の口元に出して 針が外せるようなら外し、ハリが飲まれていようなら ハリスを 切ります。 出来るだけ ウナギに ダメージ を 与えないように 扱ってください。

ご存知のように ウナギは ヌメって 持ちにくいので、軍手 や タオルを使う と 持ちやすくなります。




ウナギの場合 船釣りならイケスへ 陸釣りなら スカリ や 網 にいれます。 

スカリ の場合、 口をしっかり閉めて おかないと 逃げ出します。 網の場合も 高さある 網 を使わないと 登ってきて 逃げてしまいます。

生かして帰って、流水 の中で 泥を吐かせます。 こうすることで 臭みが少なくなります。 場合によっては 何日か 生かしておいてから、 調理します。 

 (死にそうなものは 仕方が無いので すぐに捌いしてします。)
 
釣具調達はここでできます



mail
Copyright(c) 2009  ウナギ釣りのホームページ All rights reserved.